九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

身体とこころの健康

大学生活ガイド

身体とこころの健康

「もっと自分の身体を大切に!」

未成年者の飲酒・喫煙は法律で禁止されています。
また、10代後半の人達を中心に麻薬・覚せい剤・向精神薬などの「薬物乱用」やエイズ、あるいは「性感染症」などが広がり、若い健康な身体をむしばんでいます。
何より「もっと自分の身体を大切にすること」、そして「他者への思いやり」が求められます。

1.喫煙と健康
喫煙には以下の3つがあります。
  • 喫煙者がタバコの煙を自分の肺に取り込むいわゆる喫煙(能動喫煙)
  • 他人のタバコの煙を吸わされる(受動喫煙)
  • タバコを消した後の残留物から有害物質を吸入する喫煙(三次喫煙)

自分自身の健康を守るためにも、他人の健康に影響を及ぼさないためにも喫煙はやめましょう。
また、電子タバコや加熱式タバコも有害であるとの報告があり、使用すべきではありません。

  • 学内は敷地内全面禁煙!車内もダメ!
  • 20歳未満の喫煙禁止!
ご存知ですか?医療機関で禁煙治療ができます
2006年の診療報酬改定で「ニコチン依存症」と診断され直ちに禁煙を希望する患者は、健康保険適応のもとで薬物治療などの禁煙治療を受けることができます。
また、受動喫煙による健康被害も「受動喫煙症」として、医療機関で診断と治療を受けることができます。
保健管理センターでも禁煙支援を行っています
「タバコをやめたいと思っていても、ついつい吸ってしまう」、「禁煙したと思っていても、継続できるか自信がない」、このような人への支援を行っています。
気軽にご相談ください。
2.飲酒と健康

未成年者の飲酒・喫煙は法律で禁止されています。

厳禁!イッキ飲みとアルコールハラスメント(アルハラ)
毎年急性アルコール中毒で死亡する若者が後を絶ちません。
急性アルコール中毒は、大量のアルコールを急速に飲んだ時に起こり、気分が悪くなるだけではなく、中枢神経の麻痺が進み、死に至ることもあります。
アルコールを飲む際には、自分の飲酒の適応量などを考えつつ、食べ物を食べながらゆっくりと飲むようにしましょう。
また、先輩や友達から勧められた場合には「NO」と言える勇気を持ってください。
アルコールハラスメントとは、強制的にお酒を飲ませたり、お酌を強要したりすることをいいます。
皆さんは気付いていないかもしれませんが、部・サークルや友達との飲み会などでイッキ飲みのコールをかけられたり、お酒を飲むことを断れない雰囲気をつくることもこれにあたります。
これらの行為は決して行わないでください。

気をつけるのはあなた自身です!
成人として常識ある飲み方を心がけてください!

3.厳禁!薬物乱用

麻薬・向精神薬の乱用や大麻・覚せい剤・危険ドラッグの使用は重大な犯罪行為です。
これらの薬物は中毒性が強く、一度経験すると、それ以上に欲しくなるという薬物依存性が出るため、これを断ち切るのは容易ではありません。
はじめは、興味本位や遊び半分であってもすぐに中毒になり、やがては離脱症状(禁断症状)に苦しみます。絶対に手を出さないでください。

薬物対応策4ヶ条
  • 一度くらいなら大丈夫だと決して思わない
  • 「ダイエットに効果がある」などの甘い言葉に惑わされない
  • 友達が薬物を使用しているのを見たら、「ダメだ」と言える勇気を持つ
  • 友達に勧められても、「NO」と言える勇気を持つ
連絡・相談先
学生課 TEL:0968-75-1854
保健管理センター TEL:0968-75-1806