九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

ご寄附のお願い

募金趣意

本学園が設置する九州看護福祉大学は保健・医療・福祉に関わる分野の専門職を育成する目的で、平成10年4月に開学しました。開学の際は、熊本県や玉名市をはじめとする県北地域の旧2市10町からの拠出金と多くの方々の寄付、それに加えて地域の熱心な運動の盛り上がりにより誕生した全国でも数少ない「公設民営」の大学です。「地域とともに成長する大学」「生涯にわたって学べる大学」「近隣諸国と学ぶ大学」という理念の下で、保健・医療・福祉分野を中心にして社会貢献努力を続けております。
さて、学生確保における大学間競争の激化や自己点検・評価、また認証評価による教育研究の不断の改革など、少子高齢化、国際化、情報化の急速な進展等により、私学を取り巻く環境は厳しさを増してきております。そのような中、経営基盤の強化に加え、高い教育研究水準を維持していくための更なる充実は、大学経営における喫緊の課題となっており、職員が一丸となって教育改革を実施するとともに、経費の節減努力や事業の改善等に最大限取り組んでおりますが、状況は依然として厳しいものとなっております。 しかしながら、本学園としては、わが国の未来を担う若者を社会に有為な人材として育成するための奨学制度の充実や、より快適な学びの空間を提供しキャンパスライフをさらに充実したものとするための教育環境の整備充実に力を注ぎたいと考えております。
ついては、それら事業の充実強化を図るための支援策として、このたび「九州看護福祉大学教育研究活動基金」を設置し、募金を開始する運びとなりました。永続的にご寄附を募り、その浄財を基金として積み立て運用を図るとともに、基金の事業計画に沿って有効に活用させていただく所存であります。真に力量のある保健・医療・福祉に係る専門職業人の育成に、是非とも皆様方の温かいお力添えを賜りたいと存じます。厳しい経済情勢下ではございますが、どうか絶大なるご支援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

学校法人熊本城北学園
理事長  森 正臣