九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー動画

看護学科の卒業生

看護師西村 沙希
看護福祉学部 看護学科 2015年3月卒業
済生会熊本病院 混合病棟 勤務

社会福祉学科の卒業生

社会福祉士井島 功
看護福祉学部 社会福祉学科 2015年3月卒業
大津町地域包括支援センター 勤務

リハビリテーション学科の卒業生

理学療法士葛城 裕
看護福祉学部 リハビリテーション学科 2011年3月卒業
江南病院 勤務

鍼灸スポーツ学科の卒業生

鍼灸師迫 玲歌
看護福祉学部 鍼灸スポーツ学科 2015年3月卒業
合志第一病院 勤務

口腔保健学科の卒業生

歯科衛生士中村 彩乃
看護福祉学部 口腔保健学科 2015年3月卒業
江南病院 勤務

卒業生インタビュー

看護学科の卒業生からのメッセージ

看護師は、患者さまとそのご家族の人生の節目に立ち会い、関われる仕事です
大学では、実習や試験など大変なことは沢山ありましたが、励まし合った友達、支えてくださった先生方のおかげで看護師になることができました。今は急性期病院で、治療に励む患者さまや、手術に向けて不安な患者さま、さまざまな思いを持った患者さまとそのご家族に関わらせていただく中で、緩和ケアをとおして、少しでも患者さまの痛みや不安をとり除けるよう努めています。人の命や人生に関わる仕事だからこそ、看護師になるまでに大きな試練を乗り越える必要があったんだと、就職して看護師になった時に気づきました。看護師になるには、大変なことも多いですが、ひとりではなく周りの人たちや仲間と一緒に乗り越えていけます。ぜひ看護師になる夢を叶えてください。
保健師・養護教諭の学びが現場で役に立つ
小児病棟で主に肺炎や喘息、胃腸炎といった急性期疾患で入院してくる子どもたちの看護をする中で、子ども自身の気持ちに寄り添うことを意識しています。退院する子どもたちが地域生活に復帰するために、誰にどのようなサポートが必要かを判断する際、大学で保健師課程や養護教諭課程の科目も履修したことが役に立っていると実感しています。子どもだけでなく、家族へのフォローを心がけて、笑顔のあふれる病院にしていきたいと思っています。
※現在は保健師課程と教職課程は選択制となっています。

社会福祉学科の卒業生からのメッセージ

大学の講義がきっかけで出会えた仕事。
福祉の現場で大学のつながりの強さを感じます。
高齢者や障がいのある刑務所出所者を福祉サービスへつなぐお手伝いをしています。刑務所へ面接に行き、その人のニーズや今後必要になる福祉サービスを福祉・行政機関と連携しアセスメントするのが主な仕事です。この仕事に興味を持ったきっかけは、大学の講義で、センター職員の方がいらっしゃった時に、現状を説明され、直接お話ししたことがきっかけでした。九州看護福祉大学で学んだから出会えた仕事だと思います。また、関係機関の職員の方が偶然大学の先輩だったり、福祉の関わりの中でも大学のつながりの強さを感じる場面が多くあります。「同じ大学出身」という安心感があるので、困った時や悩んだ時に心強いですね。
福祉職の中で医学的知識も活かされている
医療の現場にも福祉の視点が必要だと考え、医療ソーシャルワーカーの道を選びました。病棟を担当して患者さまの入院から退院までを支援したり、他職種や関係機関との連携・調整、福祉用具の調整など、仕事内容は多岐に渡ります。福祉職ではありますが、在学中に学んだ医学的知識が病気やケガの患者さまに対応するときに役立ち、他の医療従事者の意見を理解する上でも活かされています。

リハビリテーション学科の卒業生からのメッセージ

患者さまが精神的にも元気になれるように、
常に笑顔でコミュニケーションをとるよう心がけています
病院でおこなう臨床実習の際に、慣れない環境の中で何をするにも苦労してしまい、日頃どれだけ大学の先生方や周囲の人たちに助けられていたかを思い知りました。そんな実習中の辛い時に、患者さまから「あなたの笑顔を見ると元気になる」と言われ、嬉しかったことが忘れられません。理学療法士は他の医療職の中でも患者さまと接する時間が長い職業です。患者さまの回復の一助となり、そばで見届けることができるのは理学療法士としてのやりがいです。治療の技術はもちろん、精神面でも元気になってもらいたいと日々思いながら仕事をしています。
大学での学びが臨床のヒントに繋がる
急性期病院であるため、患者さまに適切だと思われるリハビリを提供する上でも常にリスク管理に気をつけています。学生時代は、リハビリに関する専門知識や技術はもちろん、机上では学ぶことのできない患者さまへの対応や、医療者間でのコミュニケーション、社会人としてのマナーなども身につけることができました。それらはすべて今の仕事に役立ち、臨床のヒントやアイデアにも繋がっています。

鍼灸スポーツ学科の卒業生からのメッセージ

自分が「こうしたい!」と目標を持てば、助けてくださる先生ばかりです
民間の資格を取得し、パーソナルトレーナーとして開業していましたが、体のことを根本から学び直したいという思いが強くなり、九州看護福祉大学に入学しました。鍼灸スポーツ学科は、個性豊かで情熱を持った先生が多く、それぞれのお話や臨床にふれることで、驚くほど視野が広がりました。その時先生からいただいた言葉や、臨床に対する姿勢が、今とても役立っています。自分が「こうしたい!」と目標を持てば、助けてくださる先生ばかりです。そのおかげで私は、鍼灸師の国家資格とアスレティックトレーナーの資格を取得するという目標を達成し卒業できました。
鍼に対する不安を取り除くことを意識して
大学で学んだ東洋医学とスポーツの知識を活かし、現在は鍼灸に加え、猫背矯正などの姿勢改善や美容鍼灸にも携わっています。普段から意識しているのは、患者さまに施術の効果を分かりやすく説明し、痛みのない鍼を打つことで鍼に対する不安を取り除くこと。今後の目標は、美容鍼灸に関する知識をもっと深め、「ここに来ると元気が出る」と患者さまに言っていただける存在になることです。

口腔保健学科の卒業生からのメッセージ

「相手のことをどれだけ想像できるか」
在学中にかけていただいた先生からの言葉を今も大切にしています
大学の学びの中で印象に残り、今も大切にしているのは、「相手のことをどれだけ想像できるかで、おこなえることは違う」という先生の言葉です。歯科衛生士は患者さまの口腔内だけでなく全身状況や精神状態など多くのことを観察する必要があります。そして、より多くの視点から観察することで、その人に合ったスペシャルなケアができるのです。大学では、そのことを講義や実習をとおして学ぶことができ、かけがえのない時間を過ごすことができました。口腔内だけでなく、その人を見るということ。そのために、幅広い選択肢を持てるよう日々心がけています。
子どもに学校が楽しいと思ってもらえるように
子どもたちに歯と口の健康の大切さを継続的に働きかけながら伝えたいと思い、養護教諭を目指しました。子どもは一人ひとり違っていて当たり前なので、それぞれに合わせた対応をするために、コミュニティ口腔保健実習で学んだコミュニケーションが役に立っています。子どもに「学校が楽しい」と思ってもらえるように、どんなに忙しくても保健室に子どもが来た時は笑顔で迎え、周りの先生方とも協力しながら私にできることを精一杯がんばっています。