九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ動画

在学生からのメッセージ動画

榊 日菜
看護福祉学部 リハビリテーション学科3年

卒業生からのメッセージ動画

理学療法士葛城 裕
看護福祉学部 リハビリテーション学科 2011年3月卒業
江南病院 勤務

先輩からのメッセージ

在学生からのメッセージ

理学療法評価学や運動学を通して人間の日常的な動作を理解する。
専門知識・技術に加え、患者さまとの関わり方や思いやりの心など、人間的な成長に繋げたいと思い入学しました。「理学療法評価学」では、実際に人の体に触れて可動域や血圧を測定することで日常的な動作を理解しました。患者さまやスタッフから信頼される理学療法士になるためにも、常に明るく前向きであることを心がけています。
臨床実習で実際に患者さまを担当し机上では得られないものを習得。
理学療法士になるために必要な知識や技術を4年間かけてじっくり学びたいと思って入学しました。先生方は分かりやすい資料を準備してくださるなど、いつも丁寧に指導してくださいます。臨床実習で現場に出て、実際に患者さまを担当させていただいたことで、講義や教科書からでは学べない生きた知識を得ることができました。

卒業生からのメッセージ

大学での学びが臨床のヒントに繋がる
急性期病院であるため、患者さまに適切だと思われるリハビリを提供する上でも常にリスク管理に気をつけています。学生時代は、リハビリに関する専門知識や技術はもちろん、机上では学ぶことのできない患者さまへの対応や、医療者間でのコミュニケーション、社会人としてのマナーなども身につけることができました。それらはすべて今の仕事に役立ち、臨床のヒントやアイデアにも繋がっています。