九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ動画

在学生からのメッセージ動画

稲泉 愛璃
看護福祉学部 看護学科3年

卒業生からのメッセージ動画

看護師西村 沙希
看護福祉学部 看護学科 2015年3月卒業
済生会熊本病院 混合病棟 勤務

先輩からのメッセージ

在学生からのメッセージ

アドバイザーの先生や先輩に相談して自分が必要だと感じた講義を受講する。
大学で看護師になるための専門知識が学べることに加え、助産学専攻科も設置されているので進路の幅が広がると思い入学しました。学期の初めにはアドバイザーの先生に現況を報告し、単位や将来のことについて相談しています。興味のある講義は先輩に内容を聞いたり、事前に聴講させてもらうなして、自分が必要だと感じたものを受講するようにしています。
看護師に必要な専門知識・技術に加え教育者としての視点や思考も学修。
看護師資格と高等学校教論免許の取得を目指して入学しました。1年次では主に看護の基礎知識を学修し、2年次には専門科目と教職科目を履修。3年次は、訪問看護を行う「在宅看護学実習」に力を入れて取り組みました。看護学科のほとんどは必修科目ですが、選択科目に関しては先生や先輩の意見も取り入れながら、将来に役立つ内容のものを選んでいます。

卒業生からのメッセージ

保健師・養護教諭の学びが現場で役に立つ
小児病棟で主に肺炎や喘息、胃腸炎といった急性期疾患で入院してくる子どもたちの看護をする中で、子ども自身の気持ちに寄り添うことを意識しています。退院する子どもたちが地域生活に復帰するために、誰にどのようなサポートが必要かを判断する際、大学で保健師課程や養護教諭課程の科目も履修※したことが役に立っていると実感しています。子どもだけでなく、家族へのフォローを心がけて、笑顔のあふれる病院にしていきたいと思っています。
※現在は保健師課程と教職課程は選択制となっています。