九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ動画

在学生からのメッセージ動画

稲泉 愛璃
看護福祉学部 看護学科3年

卒業生からのメッセージ動画

看護師西村 沙希
看護福祉学部 看護学科 2015年3月卒業
済生会熊本病院 混合病棟 勤務

先輩からのメッセージ

在学生からのメッセージ

看護学科の先輩の1年間を追跡

卒業生からのメッセージ

看護師は、患者さまとそのご家族の人生の節目に立ち会い、関われる仕事です
大学では、実習や試験など大変なことは沢山ありましたが、励まし合った友達、支えてくださった先生方のおかげで看護師になることができました。今は急性期病院で、治療に励む患者さまや、手術に向けて不安な患者さま、さまざまな思いを持った患者さまとそのご家族に関わらせていただく中で、緩和ケアをとおして、少しでも患者さまの痛みや不安をとり除けるよう努めています。人の命や人生に関わる仕事だからこそ、看護師になるまでに大きな試練を乗り越える必要があったんだと、就職して看護師になった時に気づきました。看護師になるには、大変なことも多いですが、ひとりではなく周りの人たちや仲間と一緒に乗り越えていけます。ぜひ看護師になる夢を叶えてください。
保健師・養護教諭の学びが現場で役に立つ
小児病棟で主に肺炎や喘息、胃腸炎といった急性期疾患で入院してくる子どもたちの看護をする中で、子ども自身の気持ちに寄り添うことを意識しています。退院する子どもたちが地域生活に復帰するために、誰にどのようなサポートが必要かを判断する際、大学で保健師課程や養護教諭課程の科目も履修※したことが役に立っていると実感しています。子どもだけでなく、家族へのフォローを心がけて、笑顔のあふれる病院にしていきたいと思っています。
※現在は保健師課程と教職課程は選択制となっています。