九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ動画

在学生からのメッセージ動画

髙木 悠太
看護福祉学部 社会福祉学科3年

卒業生からのメッセージ動画

社会福祉士井島 功
看護福祉学部 社会福祉学科 2015年3月卒業
大津町地域包括支援センター 勤務

先輩からのメッセージ

在学生からのメッセージ

信頼される社会福祉士として児童に関わる仕事を目指す
社会福祉士の資格を取得して児童に関わり、悩んでいる児童を支援したいと思い入学しました。選択科目では、自分の目指す児童支援のために学んでおきたいことや興味・関心のある講義を中心に履修しています。相手の気持ちに寄り添う声掛けと挨拶を笑顔で行うことを忘れず、利用者さまやスタッフから信頼される存在になりたいと思っています。
興味のある授業は積極的に受講して社会福祉についての理解を深める。
社会福祉学科のカリキュラムは選択科目が多いので、社会福祉士の資格取得に必要な科目だけでなく、興味を持った科目は積極的に受講しています。法学や児童福祉など幅広く学ぶことによって、『社会福祉』そのものについての理解をより深めることができました。どの授業も、学生の考えを聞いた上で先生が意見を述べてくださるので思考の幅が広がります。

卒業生からのメッセージ

福祉職の中で医学的知識も活かされている
医療の現場にも福祉の視点が必要だと考え、医療ソーシャルワーカーの道を選びました。病棟を担当して患者さまの入院から退院までを支援したり、他職種や関係機関との連携・調整、福祉用具の調整など、仕事内容は多岐に渡ります。福祉職ではありますが、在学中に学んだ医学的知識が病気やケガの患者さまに対応するときに役立ち、他の医療従事者の意見を理解する上でも活かされています。