九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

基礎・教養教育研究センター

「学力」「人間力」「教養力」を養成します

九州看護福祉大学における、全学的な基礎教育のあり方を考える組織として機能しているのが「基礎・教養教育研究センター」です。その目的は、①専門的知識を消化吸収するための基礎となる「学力」②学修課題に自主的・積極的に立ち向かう「人間力」③広い視野と豊かな人間性を育む「教養力」の3つの力を養成することにあります。
基礎・教養教育研究センターでは、基礎科目担当の教員が基礎・教養科目の充実を図り、各学科の専門性に配慮した体系的なカリキュラムの構築など、大学教育に本来求められる「知の探求」と「専門教育の進化」を模索しています。センターと専門教育を担う学科との密接な連携により、学生の豊かな成長を目指します。

センター長メッセージ

2013年4月、本学における教養教育の充実に向けて基礎・教養教育研究センターは開設されました。当センターの担当する科目はカリキュラムの中で共通科目として配置され、「人間と生活の理解」、「ことばと文化」および「科学的思考の基盤」から構成されています。いずれも大学での学修を進めていくうえで必要な基礎的能力を育成するためのものであり、本学に設置されている5学科すべての学生が自身の学修計画にあわせて履修することができます。
建物は、まず土台(基礎)を築いた上で組み上げられていきます。基礎・教養教育研究センターは、本学における教育の重要な土台を築くという役割を担っており、今後ますますスタッフの充実と基礎・教養教育の開発に取り組んでまいります。

基礎・教養教育研究センター長
野﨑 和義
センタースタッフ
センター長野﨑 和義
日本国憲法、医事法規
業績及び研究業績を表示
教授安藤 学
社会学、危機管理と災害支援
業績及び研究業績を表示
教授檜枝 洋記
ライフサイエンス、生化学
業績及び研究業績を表示
教授森 信之
情報リテラシー、統計学
業績及び研究業績を表示
准教授後藤 隆昭
英語、英会話
業績及び研究業績を表示
専任講師高 継芬
文学、比較文化論
経歴及び研究業績を表示