九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

助産学専攻科

女性に優しくより添う、「こころ」豊かな助産師をめざして

九州看護福祉大学助産学専攻科では、妊娠・出産、育児支援に対応する、女性の生涯にわたる心身を支援する優れた助産師を養成します。
また、専門的なカリキュラム・助産学実習により、助産師に必要な実践的な知識・技術・能力の修得を目指します。

助産学専攻科の教育理念

助産学専攻科生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を育み、女性と子ども及びその家族の健康と福祉に寄与し、地域社会に貢献できる看護・助産の実践者を育成する。

助産学専攻科の教育目標

  1. 生殖医療の進歩がもたらす諸問題に対し、生命の尊厳と人権を基盤とした最善のケアが提供できる。
  2. 「女性と共にある」専門職として、母子及びその家族の権利と意思を尊重したケアが提供できる。
  3. 妊婦・産婦・褥婦及び胎児・新生児の健康をアセスメントし、科学的根拠に基づいた援助を実践することができる。
  4. 助産師として母子保健のニーズを捉え、保健・医療・福祉チームと連携を図り、地域社会に貢献できる能力を身につける。
  5. 女性のライフステージ各期の健康課題において、リプロダクティブヘルス/ライツの視点から助産師の役割を見出すことができる。
  6. 助産師として必要な実践能力を維持・向上するために、生涯を通して自己研鑽することができる。

助産学専攻科のディプロマポリシー

    教育理念に沿って設定した授業科目を履修し、以下の能力を身につけ、所定の単位を修めた者に修了証書を授与します。

  1. 少子化や家族形態の変化、生殖医療の進歩などがもたらす諸問題に対する洞察力、人間や生命の尊厳を重んじる倫理観、一人ひとりの女性とパートナーシップを築く援助的人間関係を培う。
  2. 「女性と共にある」専門職として、多様な文化や価値観をもつ女性と子ども、そして、その家族の権利と意思を尊重したケアを提供できる。
  3. 妊婦・産婦・褥婦及び胎児・新生児の健康を科学的根拠と論理的思考に基づいてアセスメントし、的確な判断と女性と子ども、家族を中心にした助産ケアの提供ができる。
  4. あらゆるライフステージにある女性のリプロダクティブヘルス・ライツの課題とニーズをグローバルな視野から捉え、保健・医療・福祉チームと協働して地域社会に発揮できる助産師の専門性を追求する。
  5. 助産師としてのキャリアビジョン・プランを自己実現できるよう探求心・創造性・自律性を育み、助産実践能力の維持・向上に努める専門職者としての自己研鑽の姿勢を培う。

助産学専攻科のカリキュラムポリシー

    ディプロマポリシーを踏まえて、助産学分野における専門職としての実践能力や基礎的な研究能力を培うために、以下のような教育課程において体系的に学ばせます。

  1. 本助産学専攻科では、指定規則と同様に『基礎助産学』6単位、『助産診断・技術学』8単位、『地域母子保健』1単位、『助産管理』2単位を編成し、『助産学実習』は指定規則の11単位より多い14単位を修了要件にしている。さらに、本学では『総合助産学』を1単位編成し、合計32単位を修了要件としている。所定の単位を修めた者に助産師国家試験の受験、受胎調節実施指導員申請の資格を取得できる。
  2. 『基礎助産学』では、専門職ある助産師としての倫理観、役割や責任、自己研鑽などの姿勢を学ぶとともに、助産診断や技術学の展開に必要な基礎的知識を学ぶ。
  3. 『助産診断・技術学』では、妊婦・産婦・褥婦及び胎児・新生児の健康を科学的根拠・論理的思考に基づいたアセスメントや判断・ケアの助産過程を学ぶ。また、その展開ができるように、分娩介助を含めた助産ケアの具体的な知識と実践的な技術方法を学び、新生児蘇生法普及事業のBコース新生児蘇生法「一次」コースを受講し、必要な知識・技術を学ぶ。
  4. 『地域母子保健』では、少子高齢化社会の中、地域で暮らすあらゆる女性と子ども及びその家族の生活や健康課題とその解決に向けた行政事業等を学び、保健・医療・福祉チームと協働する助産師の役割や課題について洞察し、助産師としての母子保健活動を展望する。
  5. 『助産管理』では、周産期における質と安全を保障する病院・助産所の助産サービスの実際を知り、職種間連携や地域連携の重要性とあり方を学ぶ。
  6. 『助産学実習』では、講義・演習で学んだ知識・技術・態度を統合する。まず、臨床において、産婦の助産ケア及び分娩介助10例程度を実践する。次に、妊婦、褥婦と新生児のケアやハイリスクにある母子のケアの実践、NICU・GCUでのケア実践及び見学して学ぶ。そして、地域の保健センターで母子保健に関する実践を学び、また、助産所における助産ケアの実践や助産管理の実際を見学し、保健・医療・福祉チームと協働した助産師の役割や責任についての認識を高める。
  7. 『総合助産学』では、助産学実習で実践した助産や看護現象に焦点を当てた事例検討を行うことにより、科学的根拠と論理的思考、研究的解決策を追究する基礎的能力、助産研究や助産ケアの向上に取り組む姿勢を培う。

助産学専攻科のアドミッションポリシー

    九州看護福祉大学助産学専攻科では、「生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を育み、女性と子ども及びその家族の主体性を尊重し、安全で、かつ安心・安楽できる助産ケアを提供し、母子保健・医療・福祉の向上、地域社会に貢献できる助産師を育成する。」ために、本助産学専攻科では以下のような学生を受け入れます。

  1. 人間や生命、女性と子ども、その家族の健康や福祉などに関心があり、助産師になることを強く希望している人。
  2. 基礎看護教育で学んだ基礎的知識・技術を有している人。
  3. 意味内容を読み解き、根拠を基に結論を導く思考力と記述力を備えている人。
  4. 豊かな感性をもち、他者の意見を傾聴し、他者との相互関係を見ながら自分の考えを伝えられる人。
  5. ひとを思いやる心があり、誠実で責任ある行動がとれる人。
  6. 多様な価値観や文化を尊重する姿勢があり、物事を柔軟に対処し、いろいろな環境に適応できる力をもっている人。
  7. 目的意識をもって能動的、探求的に学ぶ計画性や行動する姿勢や意欲がある人。

資格

取得可能な資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 受胎調節実地指導員申請資格

カリキュラム[教育課程]

助産学及び母子保健全般に関する知識を修得し、助産師に求められる実践力を段階的、系統的に養います。

専門分野 授業科目名
基礎助産学 助産学概論 性と生殖の形態と機能Ⅰ 周産期医学
新生児・乳幼児学 生殖生命倫理学 母子の健康科学
助産診断・技術学 助産診断・技術学Ⅰ 助産診断・技術学Ⅱ 助産診断・技術学Ⅲ
ハイリスク助産学Ⅰ 助産診断・技術学演習Ⅰ 母子関係の援助論
健康教育方法論
地域母子保健 地域母子保健
助産学管理 助産管理
助産学実習 助産学実習Ⅰ 助産学実習Ⅱ 助産学実習Ⅲ
助産学実習Ⅳ 地域母子保健実習
総合助産学 助産研究