九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

鍼灸スポーツ学科

伝統医学とスポーツ医学を融合させた、健康のための真の統合医療を学びます。

東洋医学に基礎をおく鍼灸医療を多角的視点から科学することのできる、ハートフルな真の医療人を育成します。
2年次から「コミュニティスポーツコース」「トレーニング科学コース」「スポーツ教育コース」を選択することも可能。
はり師・きゅう師国家試験受験資格に加えてスポーツ関連の資格取得もめざせます。

鍼灸スポーツ学科の3つのポイント
真の統合医療を目指して
鍼灸スポーツ01伝統的な鍼灸医学研究において現代医学的アプローチによる理解を深め、対象者のニーズに応えられる真の統合医療を目指します。
スポーツ科学を取り入れた健康増進
鍼灸スポーツ02超高齢社会を迎え、鍼灸医学とスポーツ健康科学を連動させた予防医学の実践者を育成します。
鍼灸臨床センターにおける実践的教育
鍼灸スポーツ03附属鍼灸臨床センターにおける実習を通して、チーム医療の一端を担う医療人としてのコミュニケーションと技術を高めます。

「統合医療」の現場で活躍したいと願う学生との出会いを待っています

鍼灸スポーツ学科長 齋田和孝皆さんにとって、東洋医学や鍼灸といった世界は決して身近なものではないかもしれません。しかし、鍼灸は3,000年以上の歴史を持つ伝統医学の一つであり、現代医学では力の及ばないところを補完・代替するものとして近年改めて注目されています。また、自らの責任において患者さまを診断し施術を行うという意味では、鍼灸師は医師と同様の立場にあると言えます。本学科では、東洋医学である鍼灸に現代医学的理解を融合させ、真の「統合医療」としての専門性を備えた鍼灸師を養成します。さらにスポーツ健康科学も取り入れることによって、運動を通して予防医学的アプローチを実践できる人材を育成します。これからの時代のニーズに合った医療やスポーツの現場で活躍したいと考えている人は、ぜひここで多くのことを学んでください。私たちは、そんな皆さんの意欲を全力で応援します。