Grow "With" You

学科紹介:社会福祉学科

全ての人が幸福に暮らせる社会へ、地域の福祉に貢献できる人材を育成します。

「社会福祉」の学びを通じ、様々な問題に直面している人を支援するのみならず、すべての人々が「自分らしい生活」を送れる社会の実現を追究します。
自分の目指す進路に合わせて「科目群」を履修することで、資格取得に繋げ、実践力のあるプロに育ちます。

Ⅰ.アドミッションポリシー 〜社会福祉学科が求める人たち〜

毎日の暮らしの中で様々な"困りごと"を抱えた人々が、社会の一員として安心して暮らすことができるように"生活者"の視点に立って支援してゆくこと、それが社会福祉専門職あるいは社会福祉に携わる実践者の役割です。そうした人財を養成し、地域に送り出してゆくために、社会福祉学科は次のような人々を求めています。

  • 人々に温かな気持ちと思いやりを持ち、人々に役立つために行動したいと考える人
  • 社会福祉の理念やソーシャルワークの技法を学び、それらを活かして地域社会に貢献したいと考える人
  • 社会福祉領域や教育の資格を取得して、様々な現場で専門的な支援を行いたいと考える人
  • 児童、高齢者、障がい者など、支援が必要な状態にある人々のため、息の長い実践を行いたいと考える人
  • 過疎地域の人々の福祉や災害時の緊急援助、海外における国際協力活動などにも関心を持っている人

Ⅱ.カリキュラムポリシー

社会福祉学科では、人間をトータルに理解できるようにコミュニケーション力を育てることを重視しています。また、児童、高齢者、障がい者、低所得者、ニート、不登校など、社会福祉が扱わなければならない問題の領域は大きく拡がるとともに、多様化、複雑化しており、社会福祉の専門職、実践者には今まで以上に高い能力が求められています。
これからの社会福祉をリードする人財となるためには、まず、社会福祉を実践する基礎力の獲得を目指すことになります。そして、自分の希望と特長を生かせる目標を定めた上で、「履修科目群」方式で深く学び、広い視野で問題を捉え、他職種とも連携できる実践力と応用力を養えるように、以下のような考え方でカリキュラムを準備しています。

  • 初年次教育により、授業リテラシーを獲得し、大学生活に適応できるように支援し、大学教育への円滑な移行を図る。
  • 机上の学問としての学びに留まることなく、当事者とのかかわりを通して社会の抱える様々な課題について認識し、課題解決に向けた実践的スキルを養わせる。
  • 社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士等の臨地実習を行うに当たり、しっかりした学びの土台を築くため、学習の系統性・順次性に配慮した科目の年次配当を行う。
  • 「学士」相応の一般教養を身に付け、他職種と連携できる基礎を培うため、「共通科目」「共通専門科目」により医療、保健領域についても学ばせ、「基礎専門科目」「3つの履修科目群」「実践強化科目」の履修を通して専門性を深め、地域社会の人々の生活課題を総合的に考えさせる。
  • 外国語、比較文化、社会福祉の国際的動向等の学習を通して、異文化理解や国際交流について学べる機会を提供する。

Ⅲ.ディプロマポリシー

社会福祉学科では、カリキュラムポリシーに則って構成した教育課程を通じて、以下の能力を備えたことを確かめて「学士(社会福祉学)」の学位を授与します。

  • 卒業要件に必要な科目群を履修し、それらの単位取得によって示される学習への意欲と、知識・情報、スキルを体系的に獲得できる力
  • 社会福祉に関する学びに基づき、専門職の社会的役割・使命について自身の言葉で説明でき、カリキュラムの中で育まれた価値や倫理に基づいて現象を判断する力
  • 地域の中で、社会福祉の課題を発見、分析し、解決を図ることにおいて、4年間の学びを持続的に社会に還元しようとする力
  • 社会福祉に関わる様々な課題を、地域の中で他職種の人々と連携・協力しつつ、解決に向けて取り組もうとする力
  • 世の中の動きを社会福祉の視点から捉え、社会福祉の課題解決を世界の動きとも関連づけて考えようとする力
Page Top