九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

大学院

一人ひとりを支える質の高い高度専門職業人を目指して。

今、医療の原点に立ち返ることが求められています。
「医療の原点」とは、ただ病を治すことだけではありません。
生活との関わりの中で病を捉えること、生活を通して病を克服すること、そして、病にならないような健康な生活を作り出すこと・・・。
地域社会に根差しながら、人々の生活を心身ともに援助することが求められています。
九州看護福祉大学大学院は、こうした要望に応え、保健・医療・福祉の各分野とその統合的分野において広くそして深い知識と思考力を備えた質の高い研究能力を持ち、さらに生活者の視点から、さまざまな問題や課題を解決できる高度専門職業人の育成を目指しています。

目的と理念

九州看護福祉大学大学院は、保健・医療・福祉の各分野及びその統合的分野の広範にして深遠な知識と思考力を具備した質の高い研究能力を有する研究者及び教育者を育成し、また、生活者に立脚しながら、問題解決能力を有する専門職業人の育成によって確かな社会貢献を果たすことを目的としています。

  • 教育、研究を通じて社会に貢献する
  • 保健・医療・福祉の現場で能力を発揮する専門職の養成を目指す
  • 科学技術の変化や社会的需要に応えられるよう、現代的課題に沿った教育、研究を志向する

3専攻による独自の教育研究体制

地域の保健・医療・福祉の分野に幅広く貢献することを目的とする本研究科では、「看護学専攻」はもとより、全国でも珍しい「精神保健学専攻」を設置。
「健康支援科学専攻」においてはリハビリテーション、鍼灸スポーツ、口腔保健の基礎知識を活かして、より深く研究できるのも特長です。
また、土曜日や夜間の開講、3年間の長期履修制度に加え、授業料などの減免制度も充実しており、有職の院生が無理なく学べる環境が整っています。
それぞれの専門分野に高い問題意識を持つ人々が多様な研究テーマに取り組んでいます。

大学院の構成

働く大学院学生のために

本学で学ぶ大学院学生の半数以上が職業を有した方です。本学では18時30分〜20時の6時限や土曜日開講制度など、働きながら大学院学生として学びやすい制度を用意しています。

長期履修制度

仕事や家事に従事しながら、通常の教育課程を学ぶことができる制度です。学費も、長期履修学生に対応していますので、ゆとりを持って学ぶことができます。

授業料などの減免制度

本学の卒業生はもちろん、本学の実習受け入れ機関で働く方や、本学と連携協力協定を締結している地域の行政機関で働いている方に対しても減免制度があります。

看護福祉学研究科長挨拶

健康支援科学専攻を設置し、3専攻になった本学の大学院では、保健・医療・福祉の専門職や学部の卒業生が学んでいます。臨床経験を持つ方が多く、少子高齢社会におけるすべての年代の健康支援のあり方や、病院・施設・地域でのケア、地域包括ケアで専門職に求められる役割等について、ケア実践からの具体的な疑問や課題を研究テーマとして取り組めることも大学院の醍醐味です。
大学院開設後10年が過ぎ、多くの修了生が各分野で活躍しています。よく聞く「大学院で学んで人生が変わった」という言葉には、修士号取得後に研究者・教育者・高度専門職として立場が変わることに加え、臨床現場での問題の捉え方・解決方法等に研究プロセスの学びを反映する力量が備わったということに他なりません。
今後も研究の魅力や修士論文完成に至る達成感を実感できるように、大学院教育の充実を目指していきたいと考えています。

看護福祉学研究科長
生野 繁子