九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

リハビリテーション学科

障がいを持つ人の心身の自立を支える、豊かな人間性と専門技術を身につけます。

人を想う豊かなマインドを基本に、医学的な側面から身体と心を支え自立をサポートできる理学療法士を育てます。
チーム医療の一員としてほかの医療関係者と協働できる実力を身につけ、保健・医療・福祉の幅広い分野で活躍できる人材の育成を目指します。

リハビリテーション学科の3つのポイント
社会性や国際性の思考を養い理学療法士としての心構えを習得
リハビリテーション01幅広い教養と人間性を育み、さまざまな患者に対応できる素養を身につけます。専門科目を並列的に学び、理学療法士としての心構えを習得します。また、基本的な人間の体の仕組みについても学び、症状に合った処置を考察していきます。
知識と技術を融合させて人体を熟知し臨床実習に臨む
リハビリテーション02知識と技術を融合させることで人の体の精緻性、秀逸性を学び、同時にリスク管理も身につけます。3・4年次の臨床実習では、医療現場で要求される厳しさと温かさを実感することで、人間社会全体に目を向ける深い思考力と豊かな感性を育みます。
目指す進路に就職
リハビリテーション03学生の就職先の多くは病院で、その地域は熊本県内を中心に福岡、鹿児島、宮崎などに広がっています。少子高齢化や生活スタイルの多様化に伴い、男性のみならず女性の理学療法士のニーズも高まっています。

他の医療関係者とイコールパートナーとして活躍できるように

リハビリテーション学科長 肥後成美医療従事者にとって、相手の意思を汲み取り、こちらの考えを的確に伝えることのできるコミュニケーション能力は不可欠です。また、年齢や身長・体重、障がいの状況など、それぞれが異なる患者さまの本質的な問題を見出す力も必要です。理学療法の仕事は、医師、看護師、作業療法士などと対応の立場で行うチーム医療が中心です。その中で、お互いに討議を重ねながら仕事を進めていくことのできる実力を身につけておかなければなりません。本学科では高度な専門知識に裏付けされた技術はもちろん、他の医療関係者と“イコールパートナー”として協働できる人材の育成を目指しています。ここで学び、培ったスキルや素養を生かして、広く保健・医療・福祉の分野で活躍されることを願っています。