九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

就職支援サポート

国家試験・公務員試験対策講座など多彩なガイダンスを開講

就職相談室九州看護福祉大学では、学生一人ひとりが希望する職種、職場への就職を果たせるよう、きめ細かな支援態勢で就職活動をサポートしています。
特に、ほとんどの学生が資格取得を目指すため、看護師や保健師、社会福祉士、理学療法士、はり師・きゅう師及び歯科衛生士といった国家試験の対策講座を開講し、合格をめざしています。
また公務員試験対策講座や、企業などの採用試験で課せられることの多いSPI対策模擬試験も行っています。
その他にもさまざまなガイダンスを開催しているほか、就職専門スタッフが、病院や施設、企業の情報を収集。個別面談をとおして、学生一人ひとりの個性にあったアドバイスを行っています。

就職支援システム

九州看護福祉大学では、学生一人ひとりの希望の就職を実現するために、専門の就職アドバイザーはもちろん教職員が一体となって学生の活動をサポート。また、独自のネットシステムを活用して、タイムリーな 情報提供を実現しています。

マンツーマン指導

一人ひとりの適性と希望をしっかり把握

マンツーマン指導

4年次の4月に就職専門スタッフが学生全員と面談し、学生一人ひとりにあった就職支援を行っています。進路相談だけでなく、応募書類の添削や面接指導、グループディスカッションの対策なども行っています。就職専門スタッフは担当者制となっているため、信頼関係も築きやすく相談しやすいと学生にも好評です。

ネット連携

学生の携帯に就職情報を配信

ネット連携

すべての求人票を大学のパソコンで検索・閲覧できるシステムを構築。登録すると、地域や職種などの希望に合わせた求人情報が自分の携帯に配信されます。

細やかな試験情報の提供

病院・施設ごとに先輩から貴重な情報

細やかな試験情報の提供

就職支援室では、現場で働いている卒業生からのメッセージや卒業生が就職活動で取り組んだ内容の資料の閲覧、卒業生講話のDVDの視聴ができます。卒業生からの情報を得ることで自分がやるべきことや将来像が明確になるよう支援しています。