Grow "With" You

学生生活

大学施設・設備紹介

可能性を確かな未来へ育てる緑豊かなキャンパス

自然に囲まれた明るいキャンパスは、保健・医療・福祉の分野を志す仲間たちが集う学びの場。
キャンパス内のすべての施設は、使いやすいバリアフリーで、知識と技術を育む豊富な実習施設と教育設備が揃っています。
少人数の大学ならではのアットホームな雰囲気の中、学生たちは充実した4年間を過ごしています。

[ A ] 本館

学生生活をサポートする充実した施設を完備

吹き抜けのあるセンターコアを中心に4つのウイングを配置。
300名を収容できる大講義室から、自己学習やグループ研究にも使用できる少人数用の演習室など用途に合わせた教室や実習室を用意しています。
また1階には、就職支援室をはじめ、コンピュータ室、学生自習室、学修支援センターを設け、学生が行き交うスペースとなっています。特に学生自習室は、昼休みや講義の空き時間などを有意義に過ごす学生が数多く見られます。

基礎看護実習室

看護技術演習で使う教室。実際の看護に必要な器具・設備などを備え、現場の視点で実習ができます。

 

第二看護実習室

1年後期から使用する看護実習室。より実践的な看護医療や看護技術をとおして、経験を積み重ねていきます。

薬理・病理実験実習室

病気の原因を明らかにし、それによって引き起こされる症状や、薬が病気に効くメカニズムなどを研究する部屋。さまざまな実験を行います。

 

細胞生化学・環境衛生学実験室

さまざまな細胞の活動や、感染症、食中毒などを引き起こす微生物をいかに制御するか、という研究を可能にする設備がそろっています。

第1・第2コンピュータルーム

最新のコンピュータを完備して、学生がいつでも自由に使える環境を設けています。

 

ラウンジ

本館最上階の6階には、玉名市内はもちろん有明海、雲仙普賢岳が眺望できるラウンジがあります。

[ B ] 2号館

実験室や講義室、コンピュータ室など実践的な学習環境が充実

リハビリテーションの臨床現場により近い形で実習体験が積める運動療法室や動作解析実習室、機能訓練室などを備えており、その他にも大講義室や小講義室、心理学に関連した集団自習室や観察室、実験室などの設備があり、より充実した環境を提供しています。さらにコンピュータ室には40台のコンピュータが設置され、本館の90台と同様に、多くの学生が活用しています。

運動療法室

運動によりストレスを軽減し、病気やケガの予防・治療効果を得ることを目的とした運動療法。最新の設備が学生の意欲を引き出します。

 

動作解析実習室

基礎医学及び床医学の研究手法を用いてリハビリテーションの視点から運動機能を学ぶ部屋です。日本でも有数の設備がそろっています。

機能診断実習室

基本的な診断技術の習得を目指す実習室。物理的・科学的・生物学的観点から授業が展開されます。正確で精度の高い診断方法の習得を目指します。

 

多目的実習室

授業で使用したり、学生の自学実習に利用したり、特定の目的に左右されない柔軟で多様な利用方法が可能です。

[ C ] 3号館・柔道場

附属鍼灸臨床センターを併設し、実践に役立つ最新設備を整備

地上3階建、延床面積4,411平方メートルで、1階には最新の設備を有するトレーニングルーム、鍼灸臨床センター、鍼灸実技実習室、歯科臨床実習室、歯科模型実習室を配置。2階部分に3階まで吹き抜けの観覧室を有する柔道場と多目的に活用できるセミナー室、研究室を配置し、3階部分に講義室のほか、コンピュータ室を設置しています。 主に鍼灸スポーツ学科、口腔保健学科の講義・演習で使用する専用棟です。

トレーニングルーム

有酸素運動や無酸素パワー養成のための器具、筋力強化を行う設備など健康・体力の保持増進からアスリートの競技力向上まで、あらゆるニーズに応えられる最新器具が設置されています。

 

歯科模型実習室

模型などを使用して歯石除去や機械による歯の清掃の練習を行います。

歯科臨床実習室

学生がお互いに歯石除去や機械による歯の清掃など、歯科模型実習室で学んだことを踏まえ、臨地実習に向けて相互実習を行います。

 

第一・第二鍼灸実技実習室

10台のベットと実際の鍼灸臨床に必要な設備を備えています。学生同士がお互いに施術者と患者役になりながら、基本的な臨床技術を習得していきます。

柔道場

3号館の2階部分に設置された柔道場では、国際ルールにそった畳を使用しています。160席の観覧席も有しており、関連のイベント開催には最適の環境を用意しています。女子柔道部の強化はもちろん、地域の方々への柔道講習会など様々なイベントに利用できます。

   
附属鍼灸臨床センター

学生の鍼灸臨床実習施設として、また、鍼灸医学に関する学術研究施設として、附属鍼灸臨床センターが設置されました。鍼灸治療による疾病予防や健康増進の優れた効果を、地域住民の保健・医療・福祉の向上に活用していただけるよう、鍼灸を啓発・普及する役割も担っています。併設のセンター共同研究室には最先端の研究機材が備わっており、鍼灸医学研究の拠点としての発展を目指します。

[ D ] 九州看護福祉大学附属図書館

充実した蔵書とサービスを誇る知の拠点

図書5万冊以上、学術雑誌400タイトルを常備し、「保健・医療・福祉」に関する蔵書では周辺他大学を上回ります。 また150席の閲覧室と10万冊収容可能な書庫があり、検索用パソコンを備え、学術情報センターともアクセスできます。探求心が求められる学生に快適な空間を提供しています。

[ E ] 食堂棟(通称:ビッグハート)

光いっぱいの食堂でリフレッシュ!

自然の光が注ぐ、明るく清潔な食堂棟。1階150席、吹き抜けの2〜3階には400席のラウンジを用意。学生たちが利用する常設の売店もあり、お昼時や授業の合間、そして放課後には、友人と食事をしたり、おしゃべりを楽しんだりする学生たちで賑わいます。

[ F ] 保健実習棟・体育館

介護技術を学び、自ら身体を動かす

保健実習棟には、介護実習室や家政学実習被服室などの実習室のほか、体育館にはバスケット・バレーボールコートなら2面、バドミントンコートなら6面のコートがとれるアリーナ、音響照明装置を備えたステージがあります。


[ G ] 入浴実習棟

入浴や調理のための実践的な実習棟

高齢者や障がい者介護の現場により近い形で、実習体験を積める専用実習棟です。入浴実習や最新の調理実習のための設備もあります。

[ H ] サークル・クラブ棟

課外活動の拠点はいつも賑やか

23のクラブ・サークル室のほか、学友自治会や同窓会室も設置しています。仲間との交流も深まる課外活動の拠点です。

[ I ] グラウンド

スポーツに打ち込む学生たちの声が響く

ナイター照明を設置している約23,000平方メートルの広大なグラウンドです。
授業やサークルで学生たちが活用しています。
隣には市営の野球場もあります。

[ J ] 駐車場

自動車通学の学生の強い味方

358台収容できる駐車場。自動車通学の学生も安心です。

駐輪場

自転車やバイク通学の学生にも便利です。

Page Top