九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

保健管理センター

学生や教職員の心と健康をサポート

保健管理センター

保健管理センター

開室時間 平日(月~金):9:00~18:00
土・日・祝日はお休みです。
直通電話 0968-75-1806(保健管理センター)
場 所 本館1階、エレベーター奥、トイレの横です。
スタッフ 医師・保健師・養護教諭・キャンパスソーシャルワーカー
学外カウンセラー(毎週火曜日)

保健管理センターでは、こころと体の健康や悩みに関する相談も受け付けています。

健康相談
  • 体調が悪い
  • こんな症状があるけど何科を受診したら良いのか
  • 持病があってどこをかかりつけ医にしたら良いのか
  • 最近眠れない日が続く
  • 気分が沈む、憂うつになる  等
悩み相談
  • 学生生活に関すること
  • 将来が不安
  • 学修に関すること
  • 友人や家族の悩み
  • お金(学費・生活費・借金)に関すること  等
【カウンセリングを利用したいときは】
原則予約が必要です(電話での予約も受けつけています)。
プライバシーは厳守します。料金は無料です。
その他の時間帯は、保健管理センタースタッフが対応します。
【キャンパスソーシャルワーカー】
困りごと、悩みごとの内容に応じ、学内外の人や機関と連携を図り、問題解決できるよう支援のコーディネートをします。
健康診断

 毎年4月に健康診断を実施しています。臨地実習時に健診結果が必要となるところもありますので、必ず受けましょう。
 また、健康診断の結果で再検査が必要な学生は当センターで再検査を行い、必要に応じて医療機関を紹介します。(個人の健診結果は紛失しないように持っていてください)

予防接種について

 本学は保健・医療・福祉専門職の養成を目的とした教育機関であり、医療・福祉施設内での実習は不可欠です。そこで、実習先で感染しない、感染させないために、本学では入学時に感染症〔麻疹・風疹・ムンプス(おたふくかぜ)・水痘〕及びB型肝炎の抗体価検査の機会を設け、抗体価の低い学生には予防接種を勧奨しています。
 予防接種は任意で行うものですが、実習施設によっては抗体価がある一定レベル以上ないと実習を受け入れてもらえないことがあります。

予防接種の受け方
  1. 受ける医療機関を決める(医療機関一覧が保健管理センターにあります)。
  2. 予約をする(九州看護福祉大学の学生であることを伝え予約する)。
  3. 病院を受診時、健康診断結果(抗体価検査結果が記載されている)を持参する。
  4. 予防接種が済んだら、領収書、または接種証明書をその都度、保健管理センターへ提出してください。
    ※接種状況は、適宜学科担当の先生へ伝えます。

自分の予防接種状況がわからなくなった場合など、保健管理センターへ確認に来てください。

タバコをやめたい

 本学は、敷地内全面禁煙です。保健管理センターでは禁煙支援を行っています。
「タバコをやめたいと思っていても、ついつい吸ってしまう」「禁煙したいと思っていても、継続ができるか自信がない」このような人への支援を行っています。一度ご相談ください。

健康診断・抗体価証明書発行について

健康診断証明書、抗体価証明書は保健管理センターの実施する健康診断の結果、及び予防接種領収書の報告結果に基づいて発行します。

【健康診断結果証明】
1~3年生は保健管理センターに本人来所の上、ご相談ください。
4年生の健診結果は学生課に預けています。就職・試験等で必要な時は、学生課でコピーをした健康診断書に学校印を押して渡します。
【抗体価証明】
保健管理センターに本人来所の上、ご相談ください。    ※料金は必要ありません。