九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

障がい学生支援

基本理念

九州看護福祉大学は、障がい学生を含めた全ての学生が同等で質の高い教育を受けること並びに有意義な学生生活が送れるようその機会を保障しています。
また、障がい学生に対する不当な取扱いを禁じ、障がい学生が求める場面に応じた合理的配慮による支援を実施します。

支援のながれ

支援を希望する障がい学生は、合理的配慮を受けることができます。

1.相談

支援の希望を所属学科教員もしくは事務局担当課へ相談してください。

2.申請

合理的配慮申請書と添付資料を添えて相談先へ提出してください。

3.面談

学科担当教員と支援コーディネーターが障がい学生との面談を通して希望する支援を確認し、具体的な支援内容を決定します。

4.支援開始

合理的配慮計画を学科、関係部局に通知し、障がい学生の修学及び学生生活をサポートします。
必要に応じ計画の見直しを行います。

【支援内容の一例】
共通の支援(個別相談・講義等修学に関する支援・教員等への配慮内容の伝達など)
身体障がいをもつ学生への支援(教室および実習場所に関する調整・移動支援など)
発達障がいをもつ学生への支援(別室受験・個人の特性に応じた対応など)
精神障がいをもつ学生への支援(症状や服薬による不利益の解消・環境調整など)
性同一性障がいをもつ学生への支援(更衣室やトイレなど学内整備、就労など進路に伴う支援など) など

お問い合わせ窓口

受験に関する相談(受験生対象)
事務局入試室 TEL:0968-75-1850
修学に関する相談
事務局教務課 TEL:0968-75-1851
学生生活に関する相談
事務局学生課 TEL:0968-75-1854
就職に関する相談
就職支援室 TEL:0968-75-1803
心身の健康に関する相談
保健管理センター TEL:0968-75-1806