九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

奨学制度

奨学制度

保護者の方の負担を減らし、学生の充実した学生生活を支援するため、本学では学業特待生制度や修学支援授業料減免制度、貸与奨学金制度などを設けています。また、日本学生支援機構奨学金のほか、地方自治体、財団法人、民間団体などの奨学金制度を紹介しています。

特徴

  • 平成29年度から学業特待生(入学特待生)の認定数が拡大!
  • 平成28年度から修学支援授業料減免制度を新設。経済的に困窮度の高い学生を優先的に選考!
  • 在学中、成績上位者に給付される特待生制度や貸与型の奨学金など多様な奨学制度を用意!
名称 対象者 認定数 給付・貸与額(年)
給付・減免型 学業特待生(入学特待生) 一般入試(前期)の得点が各学科で上位の者 約20名 在籍する学科の授業料を減免
[減免額:看護・鍼灸・リハビリ95万、福祉・口腔60万]
※継続審査あり
学業特待生(一般特待生) 2年次以上の学部学生のうち、昨年度の学業成績が上位の者 計33名 20万円を給付
修学支援授業料減免制度 2年次以上の学部学生で最短修業年限以内、特に経済的困窮度が高い者(所得上限・成績基準あり)など 25名程度 在籍する学科の授業料1/2を減免
[減免額:看護・鍼灸・リハビリ47.5万、福祉・口腔30万]
※3回まで申請可
貸与型 九州看護福祉大学奨学金(無利子) ①学部3年次もしくは4年次 若干名 在籍する学科の授業料その他納付金の合計額以内
[貸与額:看護・鍼灸125.5万、福祉・口腔86.5万・リハビリ130万]
※卒業後10年間で返還
②経済的理由により本学授業料その他納付金の支弁が困難
③学業成績優秀、人物良好など

特待生・修学支援授業料免除制度 実績

種類 人数
入学特待生(平成29年度実績) 21名
一般特待生(平成29年度実績) 2年次/10名 3年次/10名 4年次11名
修学支援授業料減免制度(平成28年度実績) 25名

各種奨学金採用状況

九州看護福祉大学奨学金
年度 採用数
平成28年度実績 6名
平成27年度実績 4名
平成26年度実績 13名
日本学生支援機構(平成28年度実績)
区分 月額 採用数
第一種奨学金 貸与(無利子) 30,000円 95名
54,000円(自宅)
64,000円(自宅外)
第二種奨学金 貸与(有利子) 30,000円 162名
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円

※詳しくは、JASSOのサイトをご覧ください。

各地方自治体奨学金・民間団体・その他奨学金

熊本県育英資金/熊本市奨学生/長崎県看護職員修学資金/宮崎県育英資金/熊本県社会福祉協議会(介護福祉士等修学資金)/大分県奨学会/長崎県育英会/沖縄県国際交流・人材育成財団/山口県ひとづくり財団/あしなが育英会/交通遺児育英会/壽崎育英財団/内村チカ育英財団/鶴友奨学会/米濵・リンガーハット財団/国際ソロプチミスト熊本-さくら/明光教育研究所

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

奨学金制度ではありませんが、日本政策金融公庫が取り扱っている「国の教育ローン」は、入学・在学される学生の「家庭の経済的負担の軽減」と「教育の機会均等」を図るために創設された、公的な融資制度です。最高350万円まで融資を受けることができます。

※詳しくは、日本政策金融公庫のサイトをご覧ください。

提携教育ローン/学費サポートプラン(オリエントコーポレーション)

入学金や授業料などの納付金を㈱オリエントコーポレーションが保護者に代わって本学に立て替え、保護者より毎月分割でご返済いただく学校提携教育ローンです。

※詳しくは、学費サポートプランのサイトをご覧ください。