九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

教員免許状更新講習

平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から「教員免許更新制」が実施されています。
これにより教員免許は更新制となり、更新のための講習を受ける必要があります。
本学では、必須領域、選択必須領域及び選択領域の講習を実施します。

本学で開設する教員免許状更新講習について

本学では、必修領域1講座、選択必修領域2講座及び選択領域4講座を開設いたします。

受講予約受付期間

  • 【必修・選択必修領域】2019年4月16日(火)午後5時30分~2019年5月10日(金)
  • 【選択領域】2019年4月16日(火)午後5時30分~2019年5月31日(金)
  • ※申込者多数の場合は、早めに受付を締め切ることがあります。
  • ※申請手続期間を過ぎた場合の受講予約は受け付けませんので、
  •  必ず期間内に手続きを行ってください。

受講申込書提出期限

  • 【必修・選択必修領域】2019年5月17日(金)消印有効
  • 【選択領域】2019年6月7日(金)消印有効

受講料

6,000円/1講習
講習日程・講習名・講習時間・受入予定人数

領域 講習日程 講習名 講習時間 受入予定人数
必修 2019年7月27日(土) 教育の最新事情 6時間 100名
選択
必修
2019年7月28日(日) 学校保健における危機管理上の課題 6時間 60名
国際理解と異文化理解教育 6時間 60名
選択 2019年8月6日(火)

⇒2019年8月22日(木)へ変更

学校ICTと情報リテラシー 6時間 50名
2019年8月7日(水) がんと命の教育 6時間 90名
2019年8月20日(火) 子どもたちの発育発達への多角的アプローチ 6時間 100名
2019年8月21日(水) 学校における福祉的視点 6時間 80名

※内容などの詳細は「2019年度更新講習募集要項(PDF)」をご確認ください。

受講(手続き)について

熊本県内の大学などで開講される講習の申込みは、「教員免許状更新講習管理システム(Kuas)」から行います。
また、講習の日程や内容については、事前に文部科学省や各大学のホームページなどで確認ができます。

本学講習の時間割等について

【7.27_必修】教育の最新事情(講習会場、時間割等)

【7.28_選択必修】学校保健における危機管理上の課題(講習会場、時間割等)

【7.28_選択必修】国際理解及び異文化理解教育(講習会場、時間割等)

【8.06→8.22へ変更_選択】学校ICTと情報リテラシー(講習会場、時間割等)

【8.07_選択】がんと命の教育(講習会場、時間割等)

【8.20_選択】子どもたちの発育発達への多角的アプローチ(講習会場、時間割等)

【8.21_選択】学校における福祉的視点(講習会場、時間割等)

学内案内図

※8月21日(水) 【選択】「学校における福祉的視点」について、担当講師が一部変更となりましたのでお知らせいたします。

<変更前>
豊田保・隈直子

<変更後>
橋本眞奈美・隈直子

遅刻・早退について

交通事情等でやむを得ず遅刻した場合、講習開始後30分以内は受講を認めますが、それ以降は受講できません。
なお、早退はいかなる事情があっても以後の受講は認められません。

「教員免許更新制」の基本的なポイント

  1. その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技術を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊厳と信頼を得ることを目指すものです。
  2. 教員免許状に10年間の有効期限が付きます。
  3. 有効期限満了前の2年間に30時間の免許状更新講習の受講が必要です。
  4. 平成21年3月31日以前の教員免許状取得者にも、更新制の基本的な枠組みが適用されます。

「教員免許状更新講習」について

本人の専門や課題意識に応じて、教職課程を持つ大学などが開設する講習の中から、下記のとおり必要な講習を選択し、受講することとなっています。

【必修領域】
全ての受講者が受講する領域
(6時間以上)
【選択必修領域】
受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域
(6時間以上)
【選択領域】
受講者が任意に選択して受講する領域
(18時間以上)

※詳しい情報は文部科学省のホームページでご確認ください。

本学の講習に関するお問い合わせ先

九州看護福祉大学 教務課
〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地
TEL:0968-75-1851(平日9:00〜18:00)