• 植野 菜央さん
    口腔保健学科4年/熊本県 北稜高等学校出身
    レポートの量が多かったり、大変なこともあるからこそ、学びの大切さを知りました。また、コミュニティ口腔保健実習で、ミャンマーやタイなど他国の文化を学んだり、交流できるところも大きな魅力です。
  • 小島 璃乃さん
    口腔保健学科2年/熊本県 東稜高等学校出身
    高校と違って講義の内容も専門的で難しいですが、なりたい仕事に直結しているというやりがいを感じます。あと、同じ目標を持った友人たちの存在が大きく、課題のことから何気ない普通の会話も分かち合える、この出会いに感謝しています。

植野菜央さん(口腔保健学科4年/熊本県 北稜高等学校出身)の1年間を追いかけていきます

コミュニケーションの大切さを再認識

実習では、歯科衛生士業務はもちろんのこと、患者さんとのコミュニケーションの大切さを学びました。
チェアを倒すときの声掛けひとつで、患者さんに安心感を与え不安を和らげることができるんです。
患者さんとの信頼関係を構築するためにもコミュニケーションを図ることは大切なんですね。
最初は患者さんにどのように声掛けをしたらよいのか、戸惑うこともありましたが、実習を重ねる毎に、声掛けも自然とできるようになり、コミュニケーションもとれるようになりました。
この実習のおかげで成長できたと感じています。
同時に、自分に足りない部分も知ることができたので、これからも頑張っていきたいです。

放課後や休みの日に行くのにおすすめのスポットはありますか?

  • 玉名市周辺で私がおすすめするスポットといえば足湯。先日、久しぶりに友達といっしょに足湯にいきました。この日はあいにく天気が悪く、肌寒かったのですが、足湯のおかげでぽっかぽかに温まりました。
  • 5月の終わり頃になると、高瀬裏川ではしょうぶ祭りが開催されます。自宅から近いので毎年行くのですが、今年も綺麗に咲いていました。昼間も良いのですが、夜になりライトアップされたしょうぶはもっと綺麗なんですよ。
  • 「オンフルール」というカフェに行ってきました。店内も可愛くて、美味しそうなメニューがいっぱい。この日はハニートーストをオーダー。甘くて幸せな味でした!次行った時には違うメニューにチャレンジしてみようかな。

口腔保健学科の学びを先輩たちが紹介してくれます