子どもの実力を生かせる入試方式を選びましょう。

大学を取り巻く環境が変化するなか、入試のしくみも大きく変わっています。
推薦入試とAO入試による入学者の割合が増加。
私立大学の一般入試では、センター試験利用入試や全学部統一入試など、さまざまな入試方式が採用されています。
さらに、2020年度には、センター試験から新共通試験「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」への移行が予定されています。
こうしたなかで見逃せないのが、「多面的評価」を取り入れる動きです。「教科の知識以外の素養」を積極的に評価する。
このねらいのもと、面接や書類審査が重視され、試験に記述・論述問題を導入する傾向も高まっています。
いまや、大学は「全入」の時代。そのため、「大学に入るのは簡単」と考える風潮も広がっています。
しかし、これは大きな誤りです。
しっかりとした目標をもって将来を考える受験生にとって、大学受験はいまも簡単ではありません。
保護者も、子どもと一緒に、この事実と向き合うことになります。
入試情報を幅広く収集し、子どもと話し合い、学力と適性を考えて、実力をしっかりと発揮できる受験方式を選択しましょう。

入試の種類

  • 大学入試センター試験(「大学入試センター試験」は、独立行政法人大学入試センターによって全国で一斉に実施される試験。その結果は、国公立大学の1次試験となるほか、私立大学の「センター試験利用入試」の合否判定に使われます。2020年度には、新共通試験「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」への移行が予定されています。)
  • AO入試(受験生の個性や能力、大学との相性などを総合的に評価。アドミッション・ポリシー(大学が求める学生像)にふさわしいか、「この大学で学びたい」という強い意欲があるかなどが重視されます。)
  • 推薦入試(学校長の推薦を受けて出願し、主に書類審査で合否が決まる入試制度。大学が特定の高校に推薦を依頼する「指定校推薦入試」と、大学が定めた条件をクリアしていれば誰でも出願できる「公募制推薦入試」があります。)
  • 一般入試(私立大学の一般入試の場合、文系学部は、国語、外国語と選択科目 (地歴・公民または数学)、理系学部は数学、理科、外国語の3教科が基本。多くの大学が、センター試験利用入試、全学部統一入試などを含む多様な方式を設けています。)

大学合格までのスケジュール

入試情報について詳しくはコチラ