九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

進路と資格

口腔保健学科で取得可能な資格と主な進路

資格

取得可能な資格
  • 歯科衛生士国家試験受験資格
履修により取得可能な資格
[教職課程]
養護教諭一種免許状

進路

主な進路

病院・歯科診療所、保健施設、介護・福祉施設、学校、公的研究所、医薬品メーカー、高齢者福祉施設、歯科衛生士養成施設での学生教育活動  など

就職

学士を持つ歯科衛生士の活躍を社会が待っています。

本学では多彩な就職対策プログラムやシステムを整え、就職専門スタッフがマンツーマンで親身な就職指導を行っています。
卒業後は歯科診療所や病院はもとより、大卒(学士)の口腔保健のスペシャリストとして行政や企業で活躍することや、学校教育現場で養護教諭として専門性を発揮することも可能。
また、発展途上国での国際協力活動に参加して人々の健康問題に関わるなど、口腔保健専門職の活躍ステージは多岐にわたっています。

豊富な就職実績

県職員として本採用の養護教論となった卒業生(2名)など、歯科領域をこえた多様な就職実績を残しています。
さらに、周術期口腔機能管理、摂食嚥下リハビリテーションなど歯科衛生士の高度専門知識・技術を望む就職先が医療・福祉の領域でも著しく増加しています。

就職実績