九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

3つのポリシー

アドミッションポリシー

本学科の目的は、全人的(身体的・精神的・社会的)支援を必要としている人のために寄与できる看護の専門家を育成することです。
そこで本学科は、次のような人を求めています。

  • 人間の尊厳を尊重し、誠実に対応できる人
  • 多様な価値観を受け入れる寛容な心ある人
  • 保健・医療・福祉の仕事に熱意を持ち、チームの一員としての強調性と行動力を備えている人
  • 科学的探究心と問題解決意欲を備えている人
  • 地道に学習し、向上心のある人

カリキュラムポリシー

本学に入学された人を、下記のような教育課程を経て、看護の有能な人材に育成します。

  • 文化科学(人文・社会科学)及び自然科学の面より一般教養を積み、人間理解を深める。
  • 1を基盤に、基礎専門科目では、科学的根拠に基づく考え、及び身体・精神・環境の相互作用について把握し、人間理解を更に深める。
  • 2を基盤に、看護専門科目では、看護の専門家としての倫理的態度を修得すると同時に、支援を必要としている人への根拠に基づいた対処方法を理解し、保健・医療・福祉の分野を統合・活用し、生活設計・支援につながる実践力を深める。
  • 研究方法論を学び卒業研究論文を完成させ、研究的視点・論理的思考を深める。
  • 選択により、養護教諭・保健師・助産師(助産学専攻科)・大学院へ進む道も用意されている。

ディプロマポリシー

本学の基本理念と教育方針に基づき、所定単位数を修得した学生に対して「学士(看護学)」の学位を授与する。

  • いつでも、どこでも、誰に対しても、その人らしい「生命・生活・人生」を、誠実に、共に考えることができる。
  • 基礎から積み重ねられた体系的な専門知識を習得し、それを糧に、実践の場での観察に基づき考え、課題解決の糸口を模索できる。
  • 卒業時には、豊かな教養と幅広い視野を備え、看護の専門家に相応しい見識と能力を持ち、人々を援助することができる。