九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

助産学専攻科

女性に優しくより添う、「こころ」豊かな助産師をめざして

九州看護福祉大学助産学専攻科では、妊娠・出産、育児支援に対応する、女性の生涯にわたる心身を支援する優れた助産師を養成します。
また、専門的なカリキュラム・助産学実習により、助産師に必要な実践的な知識・技術・能力の修得を目指します。

助産学専攻科_模擬実習風景

助産学専攻科の教育理念

助産学専攻科生命の尊厳を基盤とした豊かな人間性を育み、女性と子ども及びその家族の健康と福祉に寄与し、地域社会に貢献できる看護・助産の実践者を育成する。

助産学専攻科の教育目標

  1. 生殖医療の進歩がもたらす諸問題に対し、生命の尊厳と人権を基盤とした最善のケアが提供できる。
  2. 「女性と共にある」専門職として、母子及びその家族の権利と意思を尊重したケアが提供できる。
  3. 妊婦・産婦・褥婦及び胎児・新生児の健康をアセスメントし、科学的根拠に基づいた援助を実践することができる。
  4. 助産師として母子保健のニーズを捉え、保健・医療・福祉チームと連携を図り、地域社会に貢献できる能力を身につける。
  5. 女性のライフステージ各期の健康課題において、リプロダクティブヘルス/ライツの視点から助産師の役割を見出すことができる。
  6. 助産師として必要な実践能力を維持・向上するために、生涯を通して自己研鑽することができる。

資格

取得可能な資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 受胎調節実地指導員申請資格

カリキュラム[教育課程]

助産学及び母子保健全般に関する知識を修得し、助産師に求められる実践力を段階的、系統的に養います。

専門分野 授業科目名
基礎助産学 助産学概論 性と生殖の形態と機能Ⅰ 周産期医学
新生児・乳幼児学 生殖生命倫理学 母子の健康科学
助産診断・技術学 助産診断・技術学Ⅰ 助産診断・技術学Ⅱ 助産診断・技術学Ⅲ
ハイリスク助産学Ⅰ 助産診断・技術学演習Ⅰ 母子関係の援助論
健康教育方法論    
地域母子保健 地域母子保健    
助産学管理 助産管理    
助産学実習 助産学実習Ⅰ 助産学実習Ⅱ 助産学実習Ⅲ
助産学実習Ⅳ 地域母子保健実習  
総合助産学 助産研究