九州・沖縄で、看護師・社会福祉士・理学療法士・はり師・きゅう師・歯科衛生士を目指す人のための大学

精神保健学専攻教員プロフィール

精神保健学専攻 教員プロフィール

  • 豊田 保 教授(精神保健学専攻長)
    大学院
    科目担当
    社会精神保健学研究、社会精神保健学演習、社会精神保健学特論、精神保健管理論
    略歴
    昭和49年03月 立命館大学産業社会学部卒業
    昭和49年04月 東京都庁(福祉局)入職
    平成05年04月 都立 立川高等保育学院保育科専任講師
    平成08年03月 東洋大学大学院教育学専攻修士課程修了
    平成10年03月 東洋大学大学院福祉社会システム専攻修士課程修了
    平成13年04月 新潟医療福祉大学社会福祉学部助教授
    平成15年03月 東洋大学大学院社会福祉学専攻博士後期課程満期退学
    平成17年04月 新潟医療福祉大学社会福祉学部教授同大学院社会福祉学専攻修士課程合判定
    平成19年04月 新潟医療福祉大学大学院社会福祉学専攻長
    平成25年03月 高崎健康福祉大学大学院健康福祉学専攻博士後期課程(論文博士:保健福祉学)
    平成25年04月 新潟医療福祉大学大学院保健学専攻博士後期課程指導教員
    平成28年04月 九州看護福祉大学看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科教授
    平成28年07月 九州看護福祉大学看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    平成29年04月 九州看護福祉大学看護福祉学研究科精神保健学専攻長
    専門分野 市民福祉活動論、ソーシャルサポートネットワーク、コミュニティ・ソーシャルワーク
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/社会福祉基本用語集 ミネルヴァ書房 1999 ・共編著/福祉社会の最前線 相川書房 2001 ・共著/社会福祉とコミュニティ 東信堂 2003 ・共著/地域福祉論 ミネルヴァ書房 2005 ・共著/障害者福祉論 ミネルヴァ書房 2005 ・共著/児童福祉論 ミネルヴァ書房 2005 ・単著/福祉コミュニティの形成と市民福祉活動 萌文社 2005 ・共著/保健・医療・福祉の研究・教育・実践 東信堂 2007 ・共著/市町村合併と地域福祉 ミネルヴァ書房 2007 ・共著/地域福祉の原点を探る ミネルヴァ書房2008 ・単著/福祉コミュニティの形成と市民福祉活動[第2版] 2011 ・共著/社会福祉の可能性 相川書房 2011 ・共著/現代地域福祉論 保育出版社 2013 ・単著/過疎・限界集落のストレングスと地域福祉 萌文社 2015 ・共著/ソーシャルケースワークとは何か 新潟医療福祉大学 2015 ・共著/現代地域福祉論[第2版] 保育出版社 2016 ・共著/『図解でわかる!地域福祉の理論と実践』小林出版,2017
    ■学術論文
    ・単著/発達における意味づけ・価値づけについて 「教育 No.430』国土社 1983 ・単著/精神発達における認識過程と感情過程の統一的把握をめぐって「 教育 No.435」国土社 1984 ・単著/活動の前提としての欲求について「 教育国語 No.80」むぎ書房 1985 ・単著/重度知的障害児・者の能動性と生活・発達の援助についての一考察 都立高等保育学院紀要15号 1995 ・単著/重度精神発達遅滞児・者の主体性と能動性を引き出す援助方法についての考察 東洋大学 1996 ・単著/子育て支援における父親の育児参加問題についての一考察 都立高等保育学院紀要16号 1997 ・単著/重度知的障害児・者の地域生活支援と市民団体の役割 東洋大学 1998 ・単著/重度知的障害児・者の地域生活支援と親の会などの市民団体の役割(その2) 都立高等保育学院紀要18号 1998 ・単著/福祉サービス供給主体多元化の動向と民間非営利組織の役割 都立高等保育学院紀要19号 1999 ・単著/福祉サービス供給主体多元化の動向と家庭福祉員の役割 東洋大学大学院紀要35集 1999 ・住民参加型福祉団体が供給する在宅福祉サービスの役割に関する一考察 東洋大学大学院紀要36集 2000 ・単著/社会福祉の今後の方向と福祉コミュニティ 都立高等保育学院紀要21号 2001 ・単著/新潟県における先駆的な住民福祉活動の調査研究 新潟医療福祉学会誌3巻2号 2003 ・単著/市民概念を用いた地域福祉の推進主体としての地域住民についての考察 新潟医療福祉学会誌4巻2号 2005 ・単著/参加者の視点からみた高齢者ふれあい・いきいきサロンの意義 新潟医療福祉学会誌8巻2号 2008 ・単著/福祉コミュニティの形成に寄与する市民の自発的福祉活動の意義についての研究 高崎健康福祉大学 2013 ・共著/地域コミュニティの再生課題と政策的評価に関する研究 新潟医療福祉大学 2014 ・共著/地域包括ケアシステムと小規模多機能ケア「九州ジャーナル オブ ソーシャルワーク」(第1号),2017
  • 西島 衛治 教授
    大学院
    科目担当
    社会精神保健学特論、社会精神保健学演習、社会精神保健学研究、精神保健住環境論、生活環境支援論
    略歴
    昭和49年03月 日本大学工学部卒業
    昭和51年03月 日本大学大学院博士
    前期課程修了(工学修士)
    昭和51年04月 熊本工業大学助手
    昭和60年04月 熊本工業大学専任講師
    平成10年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科教授
    平成16年12月 日本大学  博士(工学)論文博士審査日本大学大学院理工学研究科
    平成17年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻教授・指導教員
    平成28年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科学科長
    専門分野 福祉環境工学、福祉環境工学、居住福祉、住居論、ユニバーサルデザイン論、環境心理学、障害児教育環境、建築計画、都市計画、地域福祉計画、ボランティア論、NPO論
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・監修・編著:西島衛治「安心・安全ペダルへの道」福祉環境工学研究班、全270頁、2016年10月・単著/「ユニバーサル・バリアフリー検定3級公認テキスト」 一般社団法人日本ユニバーサル・バリアフリー協会 2015年
    ・共著/社会福祉の発見 あいり出版 2009年2月
    ・共著/社会福祉学-人間福祉とその関連領域 学文社 2007年4月
    ・共著/現代地域福祉論 学文社 2006年4月
    ・単著/図解自閉症児の教室の構造化-特別支援教育のための教室づくりと実践例- 小林出版2005年11月
    ・共著/社会福祉の課題と研究動向 中央法規出版 2005年9月
    ・共著/現代障害者福祉論 学文社 2004年3月
    ・編著/高齢者・障害者を配慮した建築設計チェックリストと実施例 理工図書 2004 ほか20冊
    ■学術論文
    ・単著(西島):アクセルとブレーキの踏み間違いを防止できる「ワンペダル」、人間生活工学研究センター、人間生活工学18巻2号(通巻第48号)、p25-28、2017年9月・単著/「発達障害にとっての交通権と福祉のまちづくり」交通権32号 p39ー45 交通権学会、2016年1月31日
    ・単著/広汎性発達障害者の「困難感」への支援方法 日本看護福祉学会誌 第12巻1号 2006年7月
    ・共著/福祉移送サービスの現状の問題点と課題-熊本県A市の有償運送を実施するNPO法人のケーススタディー 介護福祉学第2巻1号 日本介護福祉学会 2005年10月
    ・共著/自閉症児の教育方法に対応した教育空間の分化傾向と物理的空間の構造化への動向 日本建築学会計画系論文集No.564 2003年2月 ほか69編 その他日本社会福祉学会など学会発表300篇以上
  • 竹中 健 教授
    大学院
    科目担当
    ソーシャルネットワーク論
    略歴
    平成元年03月 茨城大学 人文学部 社会科学科卒業
    平成11年03月 東京外国語大 欧米第一課程 ドイツ語専攻卒業
    平成13年03月 北海道大学大学院 文学研究科 行動科学専攻 修士課程修了
    平成23年03月 北海道大学大学院文学研究科 人間システム科学専攻 博士後期課程修了
    平成23年03月 博士(文学)(北海道大学)
    平成23年04月 北海道大学 文学研究科 専門研究員
    平成26年04月 広島国際学院大学 情報文化学部 現代社会学科 専任講師
    平成29年04月 九州看護福祉大学 看護福祉学部 社会福祉学科 教授
    専門分野 医療社会学、社会福祉論、市民社会論
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著『大学生と語る性—-インタビューから浮かび上がる現代セクシュアリティ』晃洋書房2011年
    ・共著『健康不安と過剰医療の時代』長崎出版2012年
    ・単著『ボランティアへのまなざし――病院ボランティア組織の展開可能性』晃洋書房2013年
    ・共著『アンビシャス 社会学』北海道大学出版会2014年
    ■学術論文
    ・単著 /「従属のなかの自律--病院ボランティアの対抗」現代社会学研究19 41-60 2006
    ・単著 /「ボランティアというハビトゥス--札幌市の病院ボランティアの事例から」西日本社会学会年報5 111-126 2006
    ・単著 /「病院ボランティア組織の展開可能性」現代社会学研究23 39-59 2010
    ・単著 /“Why Japan’s Hospital Volunteer Program Has Failed: Civil Society or Mobilization?”
    Bulletin of Hiroshima Kokusai Gakuin University Vol47 1-10 2014
    ・単著 / 「ケアワークとボランティア:ケアにかかわる領域はどのように専門職化するのか?」広島国際学院大学研究報告48 17-26 2015
  • 森 信之 教授
    大学院
    科目担当
    医療統計学、社会精神保健学特論、社会精神保健学演習、社会精神保健学研究
    略歴
    昭和59年03月 九州大学理学部物理学科 卒業
    昭和61年03月 九州大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了
    平成元年03月 九州大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程満期在学・規定単位修得の上、退学
    平成元年04月 九州共立大学工学部開発学科 助手
    平成02年04月 同大学講師
    平成09年04月 同大学助教授
    平成13年04月 同大学大学院工学研究科環境システム学専攻助教授を兼任
    平成19年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科教授
    平成26年06月 同大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻教授
    平成26年06月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 福祉情報技術、ICT教育、統計物理学
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    “Power Spectra of Intermittent Chaos Due to the Collapse of Period-3 Window”, Progress of Theoretical Physics Vol.79 No.6 p.1260-1264(1988).
    ・共著/“Scaling Structures and Statistical Mechanics of Type I Intermittent Chaos”, Progress of Theoretical Physics Vol.81 No.1 p.60-77(1989).
    ・共著/「ランドサットデータと社会統計データによる北九州市・福岡市の土地利用現象の分析」 九州共立大学工学部研究報告 第20号 p163~170(平8.3)
    ・単著/「Excel VBAによるスペクトル解析」 九州共立大学工学部CAI紀要 第1号 p.24-38(平11.3)
    ・共著/“Randomization and Memory Functions of Chaos or Turbulence”, Progress of Theoretical Physics Vol.109 No.3 pp.333-355(平15.3).
    ・共著/“Memory Function Approach to Chaos and Turbulence and the Continued Fraction Exp ansion”, Progress of Theoretical Physics Vol.111 No.5 pp.635-660(平16.5).
    ・共著/「強制球面振り子によるカオスの実験」 大学の物理教育Vol.10-2 pp.91~94(平16.7)
    ・共著/“Memory Spectra and Lorentzian Power Spectra of the Chaotic Duffing Oscillator”, Progress of Theoretical Physics Vol.120 No.4 pp.635-657(平20.7)
  • 李 玄玉 准教授
    大学院
    科目担当
    発達精神保健学特論、発達精神保健学演習、発達精神保健学研究、行動障害援助論、障害児発達援助論
    略歴
    昭和59年02月 韓国又石大学校英文学科卒業
    平成04年03月 筑波大学大学院教育研究科修了(修士)
    平成09年03月 筑波大学大学院心身障害学研究科(教育博士)
    平成09年09月 筑波大学心身障害学系外国人研究員
    平成10年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科助教授
    平成19年04月 同大学准教授
    平成27年04月 同大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 発達障害児の治療教育、応用行動分析
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/転換一教育・サービス一書出版明星社 2015
    ・共著/自閉症スペクトラム辞典 教育出版 2012
    ・共著/実践事例に基づく障害児保育 保育出版 2007
    ・共著/現代の障害者福祉学 小林出版 2000
    ・共著/介護と福祉システムの転換 未来社 1997
    ・共著/自閉症児の言語発達障害とその指導 東亜文化社 1997
    ■学術論文
    ・単著/自閉症児のコミュニケーションと描画の関連性 美術治療研究 Vol.18 132-140.2011
    ・単著/自己決定領域と下位要素の探索 精神遅滞児教育学論集 121-147.2007
    ・単著/自閉青少年の自己決定に関する研究 精神遅滞研究 8(1) 155-185.2006
    ・単著/精神遅滞児と自閉症児における伝達機能の発達的特徴 九州看護福祉大学紀要 5(1) 225-232.2003
    ・単著/自閉症児における伝達的ニュアンスを加える言語表現に関する研究 九州看護福祉大学紀要 4(1) 235-240.2002
  • 茶屋道 拓哉 准教授
    大学院
    科目担当
    社会精神保健学特論、社会精神保健学演習、社会精神保健学研究、精神保健ソーシャルワーク論、 精神保健臨床論
    略歴
    平成12年03月 鹿児島国際大学社会学部社会福祉学科卒業
    平成12年04月 医療法人全隆会指宿竹元病院精神保健福祉士
    平成15年04月 鹿児島国際大学大学実習センター実習助手
    平成16年03月 鹿児島国際大学大学院福祉社会学研究科社会福祉学専攻修士課程修了(社会福祉学修士)
    平成17年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科助手
    平成19年04月 同大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成24年04月 同大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻専任講師
    平成26年03月 鹿児島国際大学大学院福祉社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了博士(社会福祉学)
    平成26年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科准教授
    平成26年04月 同大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻准教授
    平成27年04月 同大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 社会福祉学、精神保健福祉論、精神保健ソーシャルワーク
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・編著/「障害者福祉の研究課題と方法」 学文社 2007
    ・共著/「障害者福祉論」法律文化社2010
    ・共著/「精神保健福祉援助演習(専門)」 弘文堂 2012
    ・共著/「精神保健福祉士のためのスクールソーシャルワーク入門」 へるす出版 2012
    ・共著/「現代社会福祉用語辞典」 学文社 2013
    ・共著/「精神保健福祉士の養成教育論」中央法規 2016
    ■学術論文
    ・単著/「構神保健福祉士の抱えるディレンマ構造に関する研究課題と方法 先行研究にみる対人援助職のディレンマ構造からの接近ー」『九州社会福祉学』第6号 2010
    ・共著/「精神科治療領域におけるインフォームド・コンセントに関わる熟練看護師の実践的知識」『日本保健福祉学会誌』第16号第2巻 2010
    ・単著/「精神障害者の地域移行支援に関する現状と課題ー精神保健福祉士の社会的責務との関係性からー」『九州社会福祉学』第7号 2011
    ・共著/「スクールソーシャルワーカーの視座とかかわりに関する実践分析」『応用障害心理学研究』第10号 2011
    ・共著/「精神科治療領域におけるインフォームド・コンセントに関わる臨床看護師の看護実践ー質的研究から量跡研究の検証ー」『九州看護福祉大学紀要』Vol.12 No.1 2012
    ・単著/「アディクション家族へのソーシャルワークースクールソーシャルワーカーのディレンマからの接近ー」『日本アルコール関連問題学会雑誌』第14巻2号 2012
    ・単著/「精神保健福祉士の抱えるディレンマと社会的責務に関する研究ー精神障害者の地域移行・地域定着を視座にして」ー鹿児島国際大学福祉社会学研究科博士学位論文 2014
  • 永田 俊明 准教授
    大学院
    科目担当
    発達精神保健学特論、発達精神保健学演習、発達精神保健学研究、家族発達援助論、精神保健アセスメント論
    略歴
    昭和57年03月 立正大学文学部哲学科心理学専攻卒業
    昭和63年03月 明星大学大学院人文学研究科博士課程心理学専攻単位取得満期退学
    平成02年04月 木島学園医療福祉専門学校専任講師(教務主任)
    平成06年04月 秋草学園福祉教育専門学校専任講師(教務課長)
    平成11年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成17年04月 九州看護福祉大学大学院精神保健学専攻助教授
    平成19年04月 同大学准教授
    平成22年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 臨床心理学、高齢者心理・福祉、社会福祉援助技術
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/「ヒューマン・ディベロップメント」ナカニシヤ出版2007
    ・共著/The lmpact of Negative Life Events on Psychological Growth(Chapter3) In:Life Style and Herlth Research pp117-134 2008 Nova Science Publishers
    ・共著/「今日の生涯発達心理学」アートアンドブレーン2010
    ■学術論文
    ・共著/「看護基礎教育における記録内観の効果への検討」内観研究Vol.11.No1.2005
    ・共著/「福祉移送サービスの現状の問題点と課題」介護福祉学Vol.12.No1.2005
    ・共著/レジリエンスと罪悪感 心理臨床学研究Vol.25 No.6 2008 pp625-637.
    ・共著/Guilt and Its Multidimensionality :Empirical Approaches Using Klein’s View American Journal of Psychotherapy Vol.62 No.2 2008 pp117-142
    ・共著/The Effects of Adult Attachment and Life Stress on Daily Depression:A Sample of Japanese University Students Journal of Clinical Psychology Vol.65 No.7 2009 pp639-652
  • 山本 孝司 准教授
    大学院
    科目担当
    教育精神保健論
    略歴
    平成06年03月 早稲田大学教育学部教育学科教育学専修卒業
    平成09年03月 早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了(教育学修士)
    平成15年03月 早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学
    平成15年04月 早稲田大学教育学部非常勤講師、東京農業大学教職課程非常勤講師
    平成16年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成20年04月 同大学同学部同学科准教授
    平成22年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻准教授
    平成30年02月 博士(教育学)学位取得(論文博士:早稲田大学)
    平成30年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 教育思想・教育哲学
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/『経験の意味世界をひらく-教育にとって経験とは何か』 東信堂 2003
    ・単著/『超越主義 と教育-ブロンソン・オルコット思想研究序説』現代図書 2011
    ■学術論文
    ・単著「エマソン的〈知〉の諸相」『アメリカ教育学会紀要』 第22号, 2011, pp.3-15(アメリカ 教育学会)
    ・単著「ソロー『身体観』の諸相-その教育的意義を探る」『関東教育学会紀要』 第38号、2011 p.65-75(関東教育学会)
    ・単著「道徳教育における「自然」-エマソン超越主義思想からの示唆-」 『道徳と教育』No.330 2012 p.74-83(日本道徳教育学会)
    ・単著「ブロンソン・オルコットの人格主義に基づく「新しい教会」構想―超越主義における「神域」保全のプロジェクト―」『キリスト教教育論集』第23号,2015年,pp.15-27(日本キリスト教教育学会)
    ・単著「初期A.B.オルコットの思想形成過程―19世紀20年代のアメリカにおける教育動向と「アメリカのペスタロッチ」―」『教育新世界』第63号,2015年,pp.45-54(世界新教育学会)
    ・単著「プラグマティズムへの超越主義の影響の一断面―ミッシングリンクとしてのブロンソン・オルコット人格主義―」『日本デューイ学会紀要』第58号,2017年,pp.11-20(日本デュー学会)
    ・単著「オルコット教育思想へのアダム・スミスの影響-「道徳感情」論の受容と展開-」『九州看護福祉大学紀要』vol.18,2018年,pp.3-13.
  • 吉岡 久美 准教授
    大学院
    科目担当
    精神保健介護論、精神保健看護論
    略歴
    昭和58年03月 熊本大学医療技術短期大学部卒業
    昭和58年04月 熊本大学医学部付属病院勤務
    平成08年11月 医療法人起生会勤務
    平成12年04月 学校法人熊本YMCA学園専修学校熊本YMCA学院専任講師
    平成14年04月 訪問看護ステーションリハビリケアセンター勤務
    平成14年05月 オーストラリア公立ラ・トローブ大学健康科学学部看護助産学科高齢者ケア学士編入コース卒業(高齢者ケア学士)
    平成16年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科助手
    平成17年03月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻修了(看護学修士)
    平成19年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成26年03月 熊本大学保健学教育部博士後期課程単位取得退学
    平成26年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科准教授九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻准教授
    平成28年04月 徳島文理大学大学院看護学研究科入学
    専門分野 看護学、高齢者看護、高齢者介護、看護教育学、介護福祉学
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/看護・介護のための基本から学ぶ高齢者ケア(第2版) 金芳堂 2010 (第3版) 2011
    ■学術論文
    ・共著/介護支援専門員の活動状況調査-ケアプラン作成時の訪問看護選定状況-九州看護福祉大学紀要 6(1) pp181-190 2004
    ・単著/高齢社会の地域高齢者を支援する訪問看護に関する研究 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科(修士論文) 2005
    ・共著/介護職・看護職の連携によるケア提供システムに関する研究 第35回日本看護学会論文集(地域看護) pp175-177 2006
    ・共著/在宅ケアの関わりにおける満足感の傾向と看護職の役割 日本看護研究学会雑誌 8(2) pp564-572 2006
    ・共著/訪問看護ステーションに勤務する訪問看護師の職務満足 日本看護福祉学会誌11巻2号 pp11-19 2007
    ・共著/養成課程の異なる学生の事例に対する看護技術選択の比較-看護職養成課程と養護教諭養成課程の学生の比較-第39回日本看護学会論文集(看護教育) pp211-213 2009
    ・共著/発達障害児にかかわるボランティア・スタッフの意識-LD児支援プログラム参加者の調査から- 日本看護福祉学会誌 Vol.14 No.2 pp125-133 2009
    ・共著/訪問看護師の家族支援の内容と続き柄との関係 第40回日本看護学会論文集(看護総合)pp312-314 2010
    ・共著/認知症高齢者グループホームの看護職勤務状況とケア内容調査 第40回日本看護学会論文集(地域看護) pp204-206 2010
    ・共著/介護保健施設に就業する看護職者の学習ニーズ及び看護能力を高める継続教育のあり方 日本看護福祉学会誌 Vol.18 No.1 pp21-34 2011
    ・共著/介護保健施設に就業する看護職者が感じる継続学習への影響要因と課題 日本看護福祉学会誌 Vol.18 No.2 pp107-119 2012
  • 橋本 眞奈美 専任講師
    大学院
    科目担当
    ソーシャルネットワーク論
    略歴
    平成15年03月 熊本学園大学社会福祉学部社会福祉科第Ⅱ部 卒業
    平成15年04月 熊本学園大学大学院社会福祉学研究科 修士課程 (社会福祉学専攻) 入学
    平成17年03月 同 修了
    平成17年04月 熊本学園大学大学院社会福祉学研究科 博士後期課程 (社会福祉学専攻) 入学
    平成20年03月 同 単位取得満期退学
    平成20年04月 熊本学園大学大学院社会福祉学研究科 博士後期課程 (社会福祉学専攻) 研究生
    平成25年03月 熊本学園大学博士 学位取得 (社会福祉学博士)
    平成25年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科 専任講師
    平成30年04月 九州看護福祉大学看護福祉学研究科 精神保健学専攻指導教員
    専門分野 社会福祉学、障害学、障害者福祉論
    主な著書
    学術論文
    ■著作
    ・単著「障害者介助にみる『社会モデル』の可能性-障害者が介助を利用するときの呼びかけと応答の関係」堀正嗣編著『共生の障害学 排除と隔離を超えて』明石書店 2012年出版 78-106
    ・単著『「社会モデル」による新たな障害者介助制度の構築―障害者のエンパワメントを実現するために』 全260頁 明石書店 2014年出版
    ■学術論文
    ・単著「自立生活障害者が求める介助についての一考察」,78頁 2005年
    ・単著「自立生活障害者が求める『介護』とは」『熊本学園大学論集 総合科学』12巻1号,95-120,2005年
    ・単著「自立障害者と介助者の関係性についての一考察 創成期から現在までの、求められる役割とその本質」『社会関係研究』12巻2号,29-55,2007年
    ・単著「自立生活障害者の地域生活を支えるヘルパーに求められる障害者観―ヘルパーがもつ可能性と困難・『社会モデル』と『医学モデル』」『社会関係研究』13巻1号,43-74,2007年
    ・単著「障害者の地域自立生活を実現する介助保障のあり方に関する研究」197頁,2013年
    ・単著「重度障害者に対する介護における関係性と感情労働」『九州ジャーナルオブ ソーシャルワーク』1号,九州ソーシャルワーク学会,27-38,2017年
  • 水間 宗幸 専任講師
    大学院
    科目担当
    発達障害臨床論
    略歴
    平成06年03月 愛知教育大学教育学部養護学校教員養成課程卒業
    平成08年03月 愛知教育大学教育学研究科障害児教育専攻修了(修士(教育学))
    平成08年04月 宮崎医療管理専門学校介護福祉科専任教員
    平成10年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉科助手
    平成19年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科助教
    平成20年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成24年04月 九州看護福祉大学看護福祉学研究科精神保健学専攻専任講師
    専門分野 特別支援教育、発達臨床心理学
    主な著書
    学術論文
    ■著書
    ・共著/「思春期・成人期の社会適応」 ミネルヴァ書房 2011
    ・共著/「イルカ・セラピー入門-自閉症児のためのイルカ介在療法-」 ブレーン出版 2004
    ・共著/「必携 発達障害支援ハンドブック」金剛出版 2016
    ・共著/「発達障害のある子の自立に向けた支援」金子書房 2015
    ■学術論文
    ・単著/成人後に診断を受けた軽度発達障害者の現状に関する研究報告書 平成19~20年度科学研究費補助金(若手研究(B))課題番号: 19730418 2010
    ・単著/成人期に発進障害を告知されたケースのライフステージからの検討 -語りと手記からの社会性の獲得を考える-九州看護福祉大学紀要Vol.8 No.1(pp.83-92) 2007
    ・共著/久留米市とその周辺地域における軽度発達障害児の支援システム LD研究 第13巻1号(pp.53-58) 2004
    ■その他
    ・単著/さらに豊かな「やり-とり」の世界へ: 双方向コミュニケーションプログラムの試み(第1回)双方向コミュニケーションプログラムの前提と構想 Asp heart: 広汎性発達障害の明日のために 12(1) 132-135 2013-09 アスペ・エルデの会
    ・単著/さらに豊かな「やり-とり」の世界へ: 双方向コミュニケーションプログラムの試み(第2回)基本的なプログラムとその構成内容の理解 Asp heart: 広汎性発達障害の明日のために 12(2)122-126 2013-12 アスペ・エルデの会
    ・単著/さらに豊かな「やり-とり」の世界へ: 双方向コミュニケーションプログラムの試み(第3回)プログラム応用編 Asp heart: 広汎性発達障害の明日のために 12(3) 122-126 2014-03 アスペ・エルデの会
    ・単著/本人の特性を尊重した学習環境づくり(特集 発達障害のある子の自立に向けた支援)-(自立に向けて学校でできる支援) 児童心理67(18) 77-81 2013-12 金子書房
  • 山住 賢司 専任講師
    大学院
    科目担当
    発達精神保健学特論、発達精神保健学演習、発達精神保健学研究、計量解析研究論
    略歴
    平成05年03月 早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修卒業
    平成09年03月 早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻修士課程修了(文学修士)
    平成19年03月 東京都立大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得満期退学
    平成19年04月 九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科専任講師
    平成22年07月 東京都立大学博士(心理学)審査東京都立大学大学院人文科学研究科
    平成25年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻専任講師
    平成26年04月 九州看護福祉大学大学院看護福祉学研究科精神保健学専攻指導教員
    専門分野 知覚心理学、認知心理学
    主な著書
    学術論文
    ■学術論文
    ・単著/Effects of speech rate and pitch on the impression of speaker’s reliability. 31st International Congress of Psychology, International Journal of Psychology, Vol.51, Issue Supplement S1, 1159, 2016.
    ・単著/自発音声に対する印象評価構造の研究 ~大規模データベースを利用した分析~ 東京都立大学人文科学研究科博士学位論文, 2010.
    ・共著/自発音声における大局的な発話速度の知覚に影響を与える要因 音声研究, 12(1), 54-62, 2008.
    ・共著/講演音声の大局的な印象に影響を与える要因 音声研究, 11(2), 65-78, 2007.
    ・共著/講演音声の音声的特徴とその印象に対する評価構造モデル 日本官能評価学会誌, 11(1), 30-36, 2007.
    ・共著/聴覚的な妨害課題が視覚的注意の範囲に及ぼす影響 -Dot counting課題を用いた検討- 日本官能評価学会誌, 11(1), 24-29, 2007.
    ・共著/聴取実験に基づく講演音声の印象評定データの構築とその分析 社会言語科学,9(2), 65-76, 2007.
    ・共著/講演音声の印象評価尺度 日本音響学会誌, 61(6), 303-311, 2005.